山を越え川を越え〜きたかぜのおくりもの

山を越え川を越えやってきた風の子三人組。子どもたちが水や土で時間を忘れて遊ぶように、古新聞やビニール袋で遊びます。新聞紙は風にのり、ビニール袋は空気にふくらみ、新聞なわとびや、しっぽとり遊びもはじまります。さいごのお話は「きたかぜのおくりもの」です。

原作  ロシアの民話より

   貧乏なイワンは、金持ちの兄さんから粉をいっぱいだけ借りました。そこに北風が吹いて、大切な粉を飛ばしてしまいます。怒ったイワンは森の奥まで追いかけて北風をつかまえました。北風はおわびに「魔法のテーブルかけ」をくれました。テーブルかけを開くと、どっさりごちそうがでてきます。それを聞いた兄さんがテーブルかけを借りにやってきます。

   北風と共にくらす地方に伝わるゆかいな、おはなし。

きたかぜのおくりもの舞台画像

きたかぜのおくりものメイン画像